監査法人での繁忙期について

スタッフの繁忙期は冬より夏の方が短いというわけではありません。繁忙期は通常、3月から5月である。また、監査法人が最も忙しくなるのは、通常3月から7月にかけてである。
東京証券取引所は、会社の財務諸表について、申請により登録された登録監査法人による監査を少なくとも4年に1度受けることを義務づけています。会社は、2回目の監査のために無登録の監査法人のサービスを利用することはできません。株式会社として設立されていない会社の場合、東京証券取引所に財務諸表を提出する必要がないため、登録事務所による監査を受けることができません。しかし、登録事務所が提出した財務諸表に対する監査は、会社として登録するための条件とみなされる場合があります。したがって、法人として設立されていない会社は、東京証券取引所の登録監査法人の取得義務の影響を受ける可能性があります。
会計に関する会計原則は、日本で事業を行うすべての会社にとって一般的に同じです。財務報告のための会計原則は、日本で企業会計を行うすべての事務所にとって一般的に同じです。また、日本では、会計主体には財務会計主体と財務報告主体の2種類があります。この違いは、財務情報を報告する会計単位が財務報告企業であることです。財務報告企業は、その財務報告企業(FSAE)について、FSAEの勘定科目またはFSAEの計算書のいずれかを報告しなければならない。財務報告企業とは、会計企業とは異なりますが、東京証券取引所に登録されている会計企業のことです。財務報告企業とは、財務報告企業が財務報告のために提出する財務諸表を登録する会計企業のことである。会計処理はどの企業も同様であるため、企業の会計処理に関する会計原則はどの企業も同じである。
日本の法律に基づいて設立された会社の場合、法人格のない公開会社として組織された会社の財務諸表と、株式会社として組織された会社の財務諸表は、登録監査法人による監査を受けなければなりません。法人として組織された会社の財務諸表および組合、有限会社または有限責任事業組合として組織された会社の財務諸表は、登録組合、有限会社、有限責任事業組合または登録企業監査法人により監査されなければならなりません。