木製家具のひび割れ。その原因と対策

木製家具のひび割れ。その原因と対策
温かみのある自然が魅力の木製家具は、天然素材のため割れが発生しやすい素材です。割れの原因は、木材に含まれる水分です。カリモク家具では、約3ヶ月~6ヶ月の自然乾燥を行い、優れた木質へと変化させます。環境に配慮し、木材の品質をチェックし、必要な時に必要な量だけ供給する生産体制を実現しました。国内メーカーだからこそ可能な生産体制です。今回は、木製家具の割れの原因、割れを防ぐための対策、家具の生産に使われるさまざまな素材について見ていきます。
木製家具のひび割れの原因とは?
木製家具のひび割れは、木材に含まれる水分が原因です。木材の乾燥が早いと、収縮割れと呼ばれる乾燥割れが発生する。また、周囲の湿度が高すぎたり、室温が低すぎたりすると、反りが発生することがあります。これは、湿度や温度が木材の形状に大きく影響するためです。木材が乾燥しすぎると、もろくなって弱くなり、割れが発生することがあります。逆に、湿度が高すぎると、木が柔らかくしなやかになり、反りが発生します。割れや反りを防ぐには、木材の水分量を絶妙なバランスにすることがポイントです。
割れを防ぐためにとられた対策
カリモク家具では、割れを防ぐためにいくつかの対策を行っています。そのひとつが、3カ月から6カ月かけて行う木材の乾燥です。こうすることで、木材に含まれる水分を取り除き、割れにくい安定した状態にすることができます。また、木材を防水し、風雨から保護するために木材保存剤を使用します。これにより、湿気や極端な温度によるひび割れのリスクを軽減することができます。
家具製造に使用される材料
材料となる木材の品質確保はもちろん、シートとなる布や革など、さまざまな試験をクリアした素材のみを家具に使用しています。これにより、割れや反り、傷みが生じにくい最高品質の家具を実現しています。また、近年は地震対策にも配慮し、地震で倒れやすい食器棚やリビングボードは、耐震試験の結果をもとに対策したものを開発しています。
おわりに
カリモク家具では、家具の品質には万全を期しています。厳選された素材を使用し、最適な時間乾燥させ、防水加工などの割れ防止対策を施しています。そのため、割れや反り、破損に強く、耐久性に優れています。
家具、家電をサブスク・レンタルのおすすめはこのサイトがおすすめ