中国全土で「日本風夏祭り」中止相次ぐ 「文化的侵略」の批判!?

中国ではここ数年、日本の夏祭りにヒントを得たイベント「夏日節」が各地で人気を博している。しかし、今年7月、インターネット上で「文化侵略」との批判が出始め、相次いで中止される事態となった。
 中国では毎年、旧正月(1〜2月)に仏教や道教の寺院で「苗栗」が行われ、多くの露店が集まるが、真夏にそのような催しはない。夏の太陽祭」は、日本のアニメ映画で登場人物が浴衣を着て綿菓子を食べ、金魚すくいなどを楽しむシーンに中国の若者が興味を持ったことから、ショッピングセンターやホテルで開催されるようになった。日本の屋台や盆踊り、浴衣の無料レンタルサービス、アニメコーナーなどを設けるケースが多い。祭り会場を訪れた若者たちは、「真夏の夜の祭りは涼しい」と、憧れの浴衣を着ることができることに喜びを感じている。
 ところが、7月17日に中国東部の江蘇省南京市の国際展覧センターで予定されていた、アニメやコスプレをテーマにした「夏の太陽祭」が急遽中止となった。これは、ネチズンの間で「宗教に根ざしたイベントを海外で行うのは文化侵略だ」と批判されたためで、遼寧省北東部の鉄嶺、山西省北西部の大同、山東省東部の棗庄、広西省南西部の棗庄で中止された。南西部の広西チワン族自治区桂林市、雲南省大理市、南部の広東省韶関市で予定されていた「夏の太陽祭」が相次いで中止された。各都市の祭りの主催者は、「天候がイベントに適していない。悪天候のため」「正式な手続きを踏んでいない」「単なるアニメイベントと聞いていた」など、各地の主催者は中止の理由を説明する。
 今の日本で「祭り」というと楽しいイベントのイメージがあるが、中国では「祭」という漢字には「先祖を祀る、弔う」という意味合いが強く含まれている。日本の盆踊りも祖先崇拝が起源だし、「夏の太陽祭」の会場では、日本の神社の鳥居を再現して占いコーナーを設けるところもある(これは夏祭りというより正月の光景だ)。こうした「夏の太陽祭」イベントが中国各地で増えるにつれ、「日本の宗教・文化を美化している」と訴える人が増え、批判が噴出している。
 クリスマスは中国では「聖誕節」と呼ばれ、クリスマス関連の行事には「外国の宗教祭を祝うのは、1840年のアヘン戦争以来、欧米列強と日本に浸食されてきた中国の伝統文化を弾圧するものだ」という批判がしばしば寄せられる。中国では、外国文化の流入は常に敏感な問題であった。
 最近では、中国の若者の間で、海外ブランドよりも国内ブランドを好む「国風」ブームが起きている。さまざまな外国文化の流入と国内ブランドの成長は、いずれも中国の高い経済成長と国民の消費力の向上を反映しているが、同時に一種の文化の衝突を生み出している。